相続税対策の詳細

相続税対策に不動産を活用

トップ / 相続税対策に不動産を活用

不動産物件比較情報

相続税対策は不動産の用途が重要

平成27年に相続税が改正され、基礎控除と相続人一人当たりの控除額が、それぞれ現行の6割の3千万円と600万円になり、相続人が妻と子一人の場合、旧税制では7千万だった非課税枠が4200万円になりました。東京近郊のように土地が高い地域では、自宅だけでも評価額が大きくなり、有効な相続税対策が求められています。ただし、売却して換金することが難しい不動産について、財産に換算して課税するのは合理的でないため、小規模宅地の評価減という仕組みがあります。相続税対策では、課税評価額を抑えることが有効です。

金投資で資産の安全性を高める

資産というとお金や土地、家や株などをイメージする方が多くいるのではないでしょうか。この多くの方が持っている資産の安全性を考えるとこれらはリスクの高い資産といえるのではないでしょうか。その理由に多くの方が持っているこれらの資産は日本経済が関係しているからです。為替や土地、株などは日本の景気が悪くなれば価値も下がります。そのため、日本経済に関係しないような資産に投資することも大切です。日本経済だけの影響で価値が左右されない世界的にも認められている資産に金があります。

金 投資でお考えの方に!
低リスクの資産運用にピッタリです。長い目で見ても価格の上げ下げが少なく安定しています。税金もかからず扱いやすいです。

© Copyright 不動産の値段と価値の関係. All rights reserved.