業者別に考えるビジネスチャット導入における検討ポイント

業者別に考えるビジネスチャット導入における検討ポイント

ビジネスチャットはそれぞれの目的ごとに作られたページに対し、複数の人が同時にメッセージを書き込むことのできる便利なツールです。会議などグループで会話するのに向いています。実際の会議では、特定の場所を用意する必要があるのと人を集めるのに時間がかかりますが、ビジネスチャットは時間や場所を気にすることなく、WEB上で会議を行うことが可能です。パソコンはもちろん、スマートフォンからでも会話の内容を確認できるため、全員がいつでもどこにいても会議に参加することができます。場所と時間を選ばないのが大きな特徴です。ほかの人との情報共有が簡単にでき、会話の流れなども残ることから話の内容がつかみやすくなるでしょう。それでは業者別に、ビジネスチャットを導入するポイントについてご説明します。

複数の店舗を経営する飲食業への導入例

複数の店舗を経営する飲食業では、本社の社員とそれぞれの店舗に勤める従業員との連携が必要になります。アルバイトやパートなどさまざまな従業員で構成されている飲食店では、全員の意見をまとめるのは簡単なことではありません。全国展開の飲食店ともなれば店舗間にはかなりの距離があり、店で忙しく働く従業員を一ヶ所に集めるのは難しいものがあります。お店が持つ顧客情報の共有なども、情報漏えいの観点などから管理に課題を抱えています。ビジネスチャットを導入すれば忙しい従業員を一ヶ所に集める必要がなく、顧客情報を簡単に共有することができます。全従業員がスマートフォンなどを使って個々の好きな時間にアクセスしやすいなどのメリットがあります。情報が共有できれば、顧客の管理などにも役立つでしょう。

教師と生徒をつなぐ教育業界への導入例

学習塾は正社員だけでなく、アルバイトやパートという複雑な勤務形態の従業員が勤務しています。シフト制となっている学習塾の勤務時間はまちまちで、講師間はもちろん先生と生徒の間の情報の共有やコミュニケーションが取れないことが課題となっています。多くの生徒が学んでいる学習塾では、担当の講師はほかの先生達と連絡を取りながら、生徒を指導していかなければなりません。しかし、講師同士が日々の業務に追われて忙しく、年齢に差のある先生と生徒同士が密に連絡を取るのも難しいものがあります。後輩が先輩講師からアドバイスを受けて生徒指導への問題解決に取り組むことも必要な業種なので、講師同士や先生と生徒間で円滑なコミュニケーションを取ることは非常に重要な課題となるでしょう。