不動産で大事な登記

不動産登記の役割とは

トップ / 不動産登記の役割とは

不動産物件比較情報

何故、不動産登記が必要なのか。

不動産登記とは土地や建物の所在・面積のほか,所有者の住所・氏名などを公の帳簿につけ、それを公開することを言います。そして、記載した帳簿を一般に公開することによって、相手との利害関係がはっきりするという働きがあります。不動産において、ここはきちんとしておくべきでしょう。何故なら、誰がその土地や建物を所有しているのか、はっきりするからです。なお、登記は売却により所有者が変わった場合や、新しく権利が設定された場合など、権利関係に変化が起きたときなど、再び、帳簿につけなおします。土地に関してのトラブル回避にもなります。

登記とはどういうことなのか

不動産における登記は基本的には権利者と義務者との共同申請主義がとられています。どういう時になされるかについては、新たに作成して記入する場合と既存の登記の一部を変更する場合、既存のものを抹消する場合、消滅してしまったものを再度回復させる場合になされています。効力からの面で分けると本格的なものとその準備としてなされる予備的なものがあり、それにはには予告する場合と仮にする場合がある。不動産の場合は物件取引によりそれをすることによって対抗用件として効力を持ちます。それには法律にのっとり真実の権利関係に合致するものでなければならないですが、公信力はないとされています。

© Copyright 不動産の値段と価値の関係. All rights reserved.