コストメリットから考えるビジネスチャットの導入

コストメリットから考えるビジネスチャットの導入

社内でのコミュニケーションツールとして、ビジネスチャットの導入が多くの企業で盛んです。テレワークなどオフィス以外で働く社員や外注先との連絡手段にも使われ、大企業から中小企業・ベンチャー企業まで導入されています。導入するメリットは手軽にメッセージを送信できるや様々な形式のデータを送受信できる、履歴を残せて簡単に遡れるなどいくつもあります。これらのメリットに加えて、様々なコストを削減できるのも魅力的なポイントです。不要なコストを削減できれば業務をスリム化できるので、規模の大小を問わず多くの企業で導入されています。社内外との連絡手段に電話やメールを使っているなら、業務を効率化できる様々なメリットを享受できるので、導入を考えてみるべきでしょう。

社内のあらゆるコストを削減できるメリット

ビジネスチャットを導入すると、業務上で発生するあらゆるコストを削減可能です。通常は紙に印刷して手渡ししていたビジネス文書や資料も、様々な形式に対応しているのでツール上にアップロードできるようになり、ペーパーレス化を推し進めることができます。紙に印刷する作業を省くことができれば、インク代やプリンタの電気代など多くのコストを削減できるメリットにも繋がり、時間も節約できるでしょう。もちろん電話に変わる連絡手段として導入すれば、電話代を抑えることが可能です。社内通話を減らせるだけではなく、テルワークをしている従業員や外注先との連絡手段に活用すれば、電話代は大きく節約できるでしょう。外回りをしている従業員との連絡手段に利用すると、削減効果はさらに高めることができます。

出張で必要な交通費や宿泊費も節約

全国に支店や支社を構えていると、定期的に従業員を本社に集めて会議を行うでしょう。たとえば東京の本社に全国から従業員を集めると、交通費や宿泊費など膨大なコストがかかってしまいます。ビジネスチャットは大人数が参加するグループチャット機能も搭載されており、リモート会議を行うことも可能です。離れた場所にいても従業員を一堂に会して会議ができるシステムが備えられていたら、交通費や宿泊費は必要ありません。本社に行く時間を節約できればその分を他の業務に充てることもできるので、効率的に働けるようにもなります。さらに頻繁にコミュニケーションがとれるようになれば、社内の風通しも良くなり業務にも良い影響が出るでしょう。様々なコストを大きく削減できるのは、ビジネスチャットを導入する最大のメリットです。